月に一回の投与で予防 | 高い効果を発揮する大型犬用のハートガードプラスでフィラリア予防!

月に一回の投与で予防

容器が倒れている

おやつのような感覚でペットに与えるだけで、簡単にフィラリアを予防することができるハートガードプラス。
大型犬用から小型犬用、さらには中型犬用のものも作られているため、全ての身体の大きさの犬が手軽にフィラリアを予防することができます。
そんな便利なフィラリア予防薬であるハートガードプラスですが、飼い主さんの中には投薬頻度はどれくらいなのか知っておきたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
特に、これからはじめてフィラリアの予防をすることになる初心者の人だったりすると、どれくらいの間隔で与えればいいのか、事前にしっかり確認しておきたいところですよね。

フィラリア予防薬を使用してのフィラリア予防の場合、定期的に予防薬を投与することが大切になってきます。
大型犬用のハートガードプラスの投薬頻度は月に一回となっており、月に一回、決められた日にペットに与えるだけでフィラリアを予防することができます。
頻繁に投与しなくてはならなかったりすると大変な思いをしてしまいますが、大型犬用のハートガードプラスならそのような心配もありませんね。
大型犬用のハートガードプラスを使ってフィラリアを予防する時期は、蚊が現れてから1ヶ月後の5月をスタートとし、蚊の姿を見なくなってから1ヶ月後の12月が終わりとなっています。
このシーズンの間はしっかりと大型犬用のハートガードプラスを飲ませて、確実にフィラリアを予防できるようにしてあげましょう。
ですが、これはあくまでも一般的な予防シーズンで、温暖な気候の場所で暮らしていたりする場合は予防シーズンを延ばしたりする必要があるので注意しましょう。